2017 posts


b-flower東京ライブもうすぐです

ペニーアーケード、デボネア、ブリッジ、フィリップス...。今年に入って、80年代後半から90年代にかけて活動していたインディーバンドたちの再結成ライブが続きました。いずれも。80年代にイギリスのニューウェーブやインディーサウンドをダイレクトに吸収し、C86やサラレコード辺りのいわゆるネオアコ、ギタポ系と同時進行で活動してきた今や伝説のバンドばかりです。

 

先日フィリップスのライブが終わって、一息ついてる方も多いかと思います。でも、次のライブを忘れてませんか? ペニーアーケード、デボネア、ブリッジ、フィリップスらと同時期に活動、しかもイギリスのインディーレーベルからもリリースされていて、伝説のDJジョンピールのBBCラジオ番組でも取り上げられ、NMEなどの英音楽紙にもレビューされ絶賛されたという、彼ら以上に海外での評価が高かったバンドです。

 

え?そんなバンドっていたっけ?...それが、b-flower。

 

 


Read More

Forthcoming b-flower gig

ビナぺ+ラブパレのスプリット7インチ完売しました

先月ですが、とうとうしゅがふろの復活リリースでもあったビナぺとラブパレのスプリット7インチを完売しました。買ってくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

最後の1枚はギリシャのアテネに飛んで行きました。

アテネといえば、90年代前半にしゅがふろが活動していた頃も盛んなインディーポップシーンがあって、このシングルの元となったソノシートも現地のファンジンに分けていたかもというような曖昧な記憶もあります。ファンジンライターやレーベルの男の子たちともしょっちゅう手紙を書きあったり、在庫の交換とかやってましたから、案外アテネのレコ屋に行くとしゅがふろの中古盤を目にするのかもしれないですねー。

 

その流れでギリシャのバンド、ファンタスティック・サムシングのお蔵入りのセカンドアルバムをしゅがふろでリリースしないかっていうお話が来たのもその頃でしたが、レコーディングのリマスタリングのスタジオ費用を出してもらいたいと言われて、それはもちろん今の私たちには問題ない金額でしたけど、初任給でかつかつだった当時はかなり問題ある額だったのでお断りをせざるを得なかったんですよね。ギリシャのどこそこの島にあるスタジオで、みたいな話だったから、なんか今から考えたらリマスタリング見学がてら旅行したらちょっとした夢のバカンス的じゃないか?なんて思うんだけど、当時はそんなこと考えるだけの余裕さえなかったなあーなんて、アテネのアドレスを書きながら思い出していました。

 


岡部亘さん急逝

悲しい出来事から一週間が経ちましたが、未だに言葉が見つかりません。



 20162015 | 2014